KOBAKOの旅

KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

無料で楽しめる!最高の景色が満喫できるロンドン・スカイガーデン!予約方法とは!?

f:id:KOBAKO:20171108235652j:plain

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

ロンドンに無事到着!!

 

今日は、無料で楽しめるスカイガーデンへ行ってみたいと思います!

 

無料で楽しめるなんて、どんなところなんだろう!?

 

スカイガーデンとは!?

f:id:KOBAKO:20171109012625j:plain

2015年1月にオープンした20フェンチャーチ・ストリートにある近代的なビルの最上階フロア。

 

最上階の3フロアには、レストランやカフェなどの飲食店、ガーデンという名前の通り様々な植物を見ることができます。

 

さらに、ロンドン市街を見渡すことができる展望フロアも!

 

これが無料で楽しめるなんて素敵! 

 

場所はココ!

最寄り駅の地下鉄Monument Station駅から徒歩4分。

フェンチャーチ・ストリート沿いにあります。

 

予約方法とは!?

スカイガーデンに入るには事前に予約が必要です。

予約しないと中に入れません!!

 

予約はこちらのサイトから

https://skygarden.london/sky-garden

英語のサイトです…。

 

でも下記の通り入力していけばカンタンに予約できますよ!

 

① 右上の「PLAN YOUR VISIT」をクリック

f:id:KOBAKO:20171109005643p:plain

 

②「BOOK YOUR VISIT(予約)」をクリック

f:id:KOBAKO:20171109010001p:plain

 

 ③予約可能な日程が表示されますので、予約したい日付をクリック

f:id:KOBAKO:20171109010321p:plain

 

※日付をクリックすると、予約可能な時間と人数が下に表示されます。

f:id:KOBAKO:20171109010806p:plain

 

④予約したい時間帯をクリックして、人数を入力し、「RESERVE TICKET(チケットの予約)」をクリック

f:id:KOBAKO:20171109011300p:plain

 

⑤名前、メールアドレス、電話番号(宿泊先の電話番号でOK)を入力し、「NEXT(次へ)」をクリック

 

⑤「SUMAARY」画面で、内容を確認し、修正点がなければ「BOOK(予約)」をクリックし、予約完了

 

予約が完了すると、④で入力したメールアドレスにチケットが届きます!

 

入場方法は!?

ビルの入り口には、予約時間になるまで入れません。

予約時間になると、受付開始。

まずは、メールで届いたチケットを見せるか、印刷して渡すかして受付します。

 

セキュリティチェックがありますので、パスポートを忘れずに!!

持ち物チェックもあるので危険物などは持ち込まないようにご注意を。

 

受付を通れば、あとばエレベータに乗って最上階へ行くだけです!!

 

眺めはこんな感じ

いい眺め~!

わたしが行った日は天気が悪かったのですが、それでも街が見渡せて気持ちがよかったです!!

f:id:KOBAKO:20171109013034j:plain

まとめ

観光地の入場料が高いロンドンの中で無料で楽しめるスポットとしては、満足度も高くとってもオススメです!

 

わたしは、一人でも十分楽しむことができ、行ってよかったなと思いました!

 

事前に予約は必要ですが、それだけやれば絶対に入れるスポットなので、ぜひ行ってみてくださいね!!

 

初めての格安航空会社LCC!ブエリング航空(vueling)でローマからロンドンへ移動するよ!

かくf:id:KOBAKO:20171031225625j:plain

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

イタリアもすっかり満喫したので、移動します!

 

これまで貧乏旅で、電車・バスを利用し、時間をかけて移動してきましたが、今回は飛行機をチョイス。

 

イタリア・ローマからイギリス・ロンドンへ初!格安航空会社LCCに乗ってみました

 

予約方法は?

f:id:KOBAKO:20171031235346j:plain

今までと同様、WEBで検索。

使用したサイトは、お馴染みのエクスペディア

 

いくつか値段の安いチケットを発見しましたが、問題点が…。

その問題点とは、出発時間が夜中か早朝ということ。

 

航空券の値段がいくら安くても、徹夜で動き回る体力も気力もないし、寝てから出発となるとホテルを取らねばならず料金的な魅力がなくなってしまう。

 

検索を続けると、わたしの要望を満たす便を発見!

航空会社は、vueling航空。

ん~、初めて聞いた航空会社…。

 

 vueling航空とは!?

2004年に設立された、スペイン最大の格安航空会社LCC

バルセロナを拠点とし、西ヨーロッパ各地へ就航している。

 

特徴としては、他の格安航空会社LCCと違い、中心地に近い空港(大手航空会社が利用する空港)を利用するスタイルをとっている。

http://www.vueling.com/es

 

ということで調べて安心して予約!

 

予約した便はコレ!

f:id:KOBAKO:20171031235622j:plain

ローマ(FCO)8:05発、ロンドン9:45(LGW)着。

クラスはoptima Fare(預入荷物一つ分の値段含む)、値段は、89ユーロ。

 

2時間前の朝6時に空港着なら、許容範囲なので、この時間帯で予約!

直前に予約&預入スーツケース込みのクラスにしたため、ちょっと高めのお値段でした。

早く予約すれば、39ユーロぐらいから予約できるみたい。

 

注意したい手荷物

機内に持ち込めるのは、10キロ以下。

55㎝×40㎝×20㎝の1個のみ。

格安航空会社LCCは、荷物の容量を超えると追加料金を取られるので、ご注意を!!

 

いよいよ移動!空港までは電車(Trenitaria)

f:id:KOBAKO:20171025220754j:plain

ローマのテルミ二駅からローマ・フィウミチーノ空港への移動手段は、3つ。

  • 電車 ※値段14ユーロ。ある程度時間通りに運行するので時間通りに動きたいときにオススメ
  • バス ※値段4ユーロ~。交通上状況により所要時間が変わるため、時間に余裕があるときのみ利用すること
  • タクシー ※一律48ユーロの定額制。

 

わたしは、朝早い移動ということもあり、時間の読める電車で移動することにしました!

 

券売機で、チケットを購入し、電光掲示板でホーム番号を確認し、乗車。「出発が遅れたらどうしよう」という心配もなく、定刻に出発し、予定通りに到着しました!

 

朝早い移動など時間を無駄にしたくないときは、電車移動がオススメです!

 

搭乗手続きへ

f:id:KOBAKO:20171101000114j:plain

空港でのチェックインは出発の2時間前から可能

 

予約完了後には、事前にオンラインチェックインも可能。その際は、座席の指定が必要。また、当日搭乗券の印刷も必要なのでお忘れなく。(忘れても当日空港のカウンターで無料で対応していただけるそうです)

 

わたしはオンラインチェックイン済でしたが、スーツケースを預けるためチェックインカウンターに寄って、出発の2時間前に搭乗手続きを無事完了!荷物も許容範囲内だったので問題なし!あとは出発時間を待つだけです。

 

無事搭乗!!

初の格安航空会社LCCに初搭乗!

シートの間隔は思っていたより狭くなく、2時間程度のフライトでは全く問題ない広さでした。

ドリンクやフードは有料ですのでご注意を!! 

 

時間通りに、ロンドン・ガトウィック空港へ到着!!

 

無事に移動できました。

 

では。

 

 

ローマでぜひ食べてほしい!オススメのグルメ3選!!

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

今回は、ローマ滞在中に食べて、とっても美味しかったオススメグルメをご紹介したいと思います。

 

基本的にイタリアの食べ物は何を食べてもおいしかったんですが、特にオススメを!

 

【1】ジェラート屋さん「GIOLITTI」

f:id:KOBAKO:20171029183134j:plain

ローマで一番おいしいジェラート屋さんと評判の「GIOLITTI」!

 

1900年から続くジェラート店の老舗で、ローマで最も古く、最も有名なお店の一つだそう。人気店だけあって、確かにとっても混んでいました。 

場所はココ

 

パンテオンから徒歩2~3分です。

 

細い道の中にあるからちょっとわかりにくいかも。

 

目の前までくれば、外でジェラートを食べている人や、買うために並んでいる人ががたくさんいるのでわかると思う!

 

カフェも併設!!

正面から見て右側が、テイクアウト。左側がイートイン!

 

イートインは席がなかったので諦めて、テイクアウトすることに。

 

テイクアウトもかなり並んでいて劇混みでしたけど。

 

めちゃくちゃいろんな種類があるので、並んでいる間に選びます。どれにするかほんとうに迷う!

 

悩んだ結果、「ぺスカ(桃)」と「コーヒー」のジェラートを注文!!

 

f:id:KOBAKO:20171029184553j:plain

 2種類の味+コーンで、2,5ユーロ。

 

激ウマです!!!!

 

外でジェラートを食べながらカフェを眺めていると、なんやらおいしそうなフォトジェニックなパフェ的なものや、コーヒーやらがあって、次は、カフェに行ってみたいと思いました。

 

【2】ティラミス屋さん「POMPI」

イタリア発祥のデザート・ティラミス!イタリアに来たからには、絶対食べたいデザートです。

 

ローマでオススメのお店といえば「POMPI」。

 

場所はココ

 

私が行ったのは、ここ!

お店がたくさん並ぶ中にあるので、よくみてくださいね。

 

ここだけではなく、いくつか店舗があるので、近いところに行くのがイイと思います。

 

他にもスイーツがたくさん

お店の中に入ると、ティラミス以外のスイーツもずらり。

 

ティラミスを食べに来たのに、間違いなく目移りします。全部おいしそうだったもの。

 

今回の目的は、ティラミスなので、ティラミスを注文!

f:id:KOBAKO:20171029191130j:plain

テイクアウトで、4ユーロ。

 

1つしか買ってないのに、丁寧に紙袋に入れてくれました。

 

一口食べるとわかる、濃厚さ。

 

マスカルポーネチーズが超濃厚!!

 

めちゃくちゃおいしい!!

 

でも・・・・。

 

上の写真で伝わってるかな?サイズが、大きいんですよ。横幅15~20センチぐらいあるの。おいしいんだけど、濃厚ということもあり1回で食べきれず、2回に分けて食べました。

 

誰かとシェアするのが一番オススメです!

 

【3】カルボナーラ発祥の店「La Carbonara」

カルボナーラ発祥のお店と言われているのが、「La Carbonara」。

 

1906年創業の歴史あるお店。

 

こじんまりとしていて、家庭的な雰囲気。

 

しかも料金も良心的。

 

場所はココ

 テルミニ駅から徒歩20分ぐらい。

 

予約必須

平日の夕方19時開店前にいったところ、既に行列。15人以上並んでました。

 

予約はしていないけれど、待てば入れるだろうーっと思い待つことに。

 

19時過ぎてお店がOPEN。

 

1組ずつ予約しているか聞いていて、予約がない人は帰されている様子…。とはいえ、一人ならどうにかなるかもと並び続けるも…、案の定入れず。

 

必ず予約してから行くことをオススメします。

 

友人曰く、美味しくて安くて素敵なお店だそうです。

 

 

カルボナーラを食べられなかった私は、別のお店でカルボナーラを食べました。味は普通でした(笑)

f:id:KOBAKO:20171029193514j:plain

 

番外編

f:id:KOBAKO:20171029193651j:plain

日本食が食べたくなっても、ローマならいろんなところで日本食が手に入ります。

 

スーパーでも、レストランでも!値段も日本より少し高いぐらいでとそんなに変わらなかったです!

 

ですので、ご安心ください!

 

では。

 

゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 

あっちもこっちも観光地!見どころたくさん、ローマ市内観光!

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

フィレンツェからローマへ移動してきました。

 

移動は、今回もバス!!

 

FLIXBUSの

フィレンツェ(Florence)11:50発、ローマ(Rome Tiburtina bus station)15:15着でローマに到着!

 

ローマはあちらこちらに観光地が目白押しなんだって。

 

早速、ローマ市内観光へ行ってきます!  

 

スペイン広場

f:id:KOBAKO:20171028234144j:plain

映画「ローマの休日」でおなじみのスペイン広場。

 

映画では、階段に座ってオードリーがジェラートを食べるシーンが有名だけど、実際はジェラートを食べるのはNGなんだって。

 

まわりのお店で食べるのはOKなので、食べたい場合はお店の中で!

 

朝一で行ったのでこれぐらいの人でしたが、昼過ぎにもう一度通りかかったらスゴイ人。超有名観光地は凄まじいな~っと実感。

 

なので、早めの時間に行くのがオススメです!

 

トレヴィの泉

f:id:KOBAKO:20171028235248j:plain

スペイン広場から徒歩で15分。

 

街の中に急に現れるのでびっくりした!

 

トレヴィの泉といえば、後ろ向きで泉に向けてコインを投げ入れるとローマへもう一度来られるという言い伝え。

 

実際行ってみたら誰もやってなかったんだけど、世界的な言い伝えじゃないのかな。泉の中を見たら、コインがたくさん投げ入れられていたからたまたまタイミングが悪かっただけ??

 

パンテオン

f:id:KOBAKO:20171028235805j:plain

トレヴィの泉から徒歩10分。

 

大きい!!!!

 

パンテオンは、「すべての神々」という意味らしい。

 

入場料はなく、無料で入れる。確かに神。

 

画家のラファエロが祭られている。

 

一度仕事でラファエロについて調べたことがあるので、ここに来られてうれしかったな。

 

フォロ・ロマーノ

f:id:KOBAKO:20171029000839j:plain

パンテオンから徒歩20分。

 

古代ローマ時代の市民生活の遺跡が残る場所。

 

めっちゃ広いので、全部見ようとすると歩くだけで2時間ぐらいかかる。

 

映画のセットを見ているみたいな気持ちになった。

 

ちゃんと残っているなんてすごすぎるな。

 

奥まで行くと、街が見渡せる小高い丘もあって、気持ち良かった!

 

コロッセオ

f:id:KOBAKO:20171029001207j:plain

フォロ・ロマーノから徒歩10分。

 

有名なコロッセオ!!古代ローマの巨大な円形各闘技場。

 

入場時の注意事項を!

 

入り口で持ち物検査があり、飲み物はすべて持ち込み禁止です。

 

わたし、さっき、水を買ったばかり。没収されるなんて知らないから、堂々とバックの中身を見せたら、飲み物はダメだと言われ、捨てる羽目に。

 

事前に知りたかった。知っていたらこのタイミングで水買わなかったのに…。

 

みなさま、ご注意ください。

 

中は、映画でみたような景色が続く。

ここで猛獣と人間が戦っていたのかと思うと、信じられなかった。時代は変わっている。

 

真実の口

f:id:KOBAKO:20171029002118j:plain

コロッセオから徒歩10分。

 

町中に急に行列を発見し、なんだろうと思ったら、真実の口でした。

 

ここも映画で、嘘をつくと手が抜けなくなるという言い伝えから誰もが知る観光スポット。

 

ここでの一人観光は勇気がいりました。

 

行列にならぶのはいいんだけど、撮影のとき、みんな一緒に来ている方々が写真を撮影しているけど、わたしは一人なので頼むしかない。

幸い周りの人がイイ方ばかりだったので、快く写真を撮ってくれましたが、一人でポーズするのは気恥ずかしかった。

一人旅の中でもレベルの高い観光スポットでした。

 

まとめ

ここまでまわって、1日で観光できました。

 

徒歩圏内に有名な観光地がこれだけあるってすごくない?

 

どこに行っても観光地だらけ。

 

そして、やはり、人も多い!

 

まさに、ザ・観光地という感じでした。

 

徒歩でまわると位置が掴めてきて、なんかそれが楽しかったんだよね。

 

時間短縮したい場合は、タクシーやバス、電車もあるので、スタイルに合わせて選択すればもっと回れると思います。

 

明日はどこへ行こうかな!

 

では。

 

フィレンツェの街が一望!穴場スポット「ミケランジェロの丘」からの夜景を満喫!

f:id:KOBAKO:20171026222648j:plain

こんばんば、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

ピサの斜塔も無事見ることができて、うれしいKOBAKOです。

 

今日は、夜景を見に行こうと思っています。

 

海外ってね、

夜景って怖くて見に行く勇気がなかったんですよね・・・。

 

だって、今回は、女一人旅。

 

一人で夜歩くって、怖いじゃん・・・。

 

日本なら全然OKなんだけど、海外は心配。

 

でもここまでヨーロッパを旅して来て、きちんと安全な道を選んでいけば大丈夫!

という自信がでてきたので、勇気を出していってみるよ!

 

まー、怖かったら、すぐタクシー乗るしね(笑)

 

夜までブラブラゆっくり贅沢な時間を過ごす

まずは、フィレンツェ中心街をブラブラ~♪

 

駅からドゥオーモの周辺などをゆっくり散策。

 

ブランドモノも売っているし、革製品のお店や、飲食店など、よく考えると日本とそんなに変わらない。

 

でも、空気感も、建物も、人も、時間の流れも、全部違うんじゃないかと感じる。

 

不思議。

 

ゆっくりした時間ができるといろんなことを考えてしまう。

 

これが旅のイイトコロなのかも。

 

イタリアはジェラート大国だと思う 

f:id:KOBAKO:20171026215212j:plain

イタリアをブラブラしていると目につくのがジェラート屋さん。

 

日本にない色とりどりのジェラートは見ていても楽しいし、食べるとおいしくて、最高なんだよね~。

 

インスタ映えもバッチリだし。(インスタやってないけどね…)

 見ているだけでも楽しいの。

 

どこへ行ってもみんな食べてるし、お店もたくさんあるし、ジェラート天国♪

 

ということで、もちろん、ジェラート注文!

 

混雑をかき分けて、注文するのも慣れてきたもんです。

 

いろんな味があるから、何度食べても全種類クリアには到底至らないのも素敵なところ。

 

本日は、ぺスカ(桃)をセレクト。

 

これがめちゃウマでした!!!オススメです!!

 

フランスとイタリアに来てから、1日1回ジェラート食べてます。

 

だって、美味しいんだもん。

もう体の一部がジェラートになっているかもしれないね。

 

今日の目的地 ミケランジェロ広場

f:id:KOBAKO:20170815232604j:plain

フィレンツェの街を一望できる密かに人気のスポット、ミケランジェロ広場。

 

お金がかからず楽しめるので、だれにでもオススメできる場所なんです!

 

行く方法は!?

行き方は3通り。そのときの気分で選ぶといいとおもう。

 

  • 徒歩   市街地から30~40分程度 ※散歩にちょうどいいね!
  • バス   駅から市内バスが10分~15分間隔で出ています。所要時間15分程度。(片道1枚1.20ユーロ)※12番または13番のバスに乗ればOK
  • タクシー 駅から約10分程度。(片道約15ユーロぐらい)。遅い時間になっても広場にはタクシーがいたので帰りも大丈夫だと思います。

 

わたしはの~んびりしたかったので、徒歩でいくことに!

 

ミケランジェロ広場へGO

マイペースで広場を目指します。

 

旅のお供はグーグルマップ!

 

グーグル先生のご指示通りしばらく歩いていくと、人は少なくなってきてはいるものの、おんなじ方向に向かっている方々が結構いる。

 

みんな広場を目指してるのかな??

 

どうやら、地元っ子のデートスポットにもなっているようなので、意外人が多いのかもしれない。

 

進んでいくと、ながーい階段が・・・。

 

進んでも~進んでも~終わらない階段~。周りは緑に囲まれて気持ちいいし、斜面もなだらかなんだけどね~長いんだよね!

 

一緒に階段を登ったご家族。

太っているお父さんは、かなり辛そうだった(笑)

 

わたしも息があがった。

 

到着したら人がたーくさん

f:id:KOBAKO:20171026221112j:plain

登りきると、開けた場所へ!

 

すっごい人!!!!!

 

人気観光スポットって本当だったようです。

 

夕日を見るため、人が大勢!幅の広い階段にも、芝生にも、人がた~くさん座っている。

 

わたしは一人なので、空いているところを見つけて、ひょいっと座れた!

 

こういうとき一人は得!

 

日が落ちるのをただただ待って、じっくりと夕日を眺めて、ゆっくりできた~!

 

まー、実際は、右も左も人でギュウギュウダッタケドネ(笑)

 

でも景色はとってもきれいでした。

 

日本で夕日をゆっくり眺めるなんて、なかなかない。そんな時間も場所もないので、とっても素敵な時間だったな~。

 

暗くなると怖いので、夕日が落ちきる前に、広場を後に。(やはりビビりなのでね。)

 

夜に出歩くのは怖いな~とずっと思っていたけど、今回は意外と平気だったな~。 

人気の観光地ということもあり、行く途中も帰りも家族連れやカップルなど人がたくさんいて特に心配はありませんでした。

 

むしろ、広場に人がいすぎて、スリに気を付けたくらい。

心配していた怖さは全くなく過ごすことができました。

 

やっぱりミケランジェロの丘はオススメ 

のんびりしたい人には、とってもオススメです。

 

もう少し早めに来て広場でピクニックしても気持ちいいんじゃないかな!

 

観光地化されているので、穴場ではなかったけれど・・・人が多いお陰で、海外の夜の怖さはほぼ感じずに楽しめました。

 

機会があればみんなにも行ってほしい!

 

わたしにとってはゆっくりして、夕日も満喫できたし、最高な1日になりました。

 

でも、とにかくあるいて疲れた!!

 

あ~よく寝れそう。

 

ということで、おやすみなさーい!

 

では! 

 

゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

フィレンツェから電車で行く日帰りの旅!ピサの斜塔

f:id:KOBAKO:20171025212710j:plain

こんばんば、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

今日は、とっても天気が良くて気持ちイイんです!

 

わたしは天気が良いとどこかに出かけたくなるんですが、みなさんはいかがですか?

 

ということで、今日はフィレンツェから日帰りで行ける、ピサの斜塔へ行ってきます!!

 

目指せ!ピサの斜塔

せっかくフィレンツェまで来たんだから、あの有名な「ピサの斜塔」にも行きたい!と思い、早速調べてみました。

 

行く方法は、大きく2つ。

・ツアー 

・自分で行く 

 

まずは、値段で比較してみましょう。

 

◆【ツアー】 35ユーロ~

私が調べた限りでは、35ユーロぐらいから。

上記の値段は、往復の交通費(バス)だけのフリープランです。

 

他に入場料を含んだものだと45ユーロ~やほかの場所の観光も含んだものなど様々あるようです。

※日付限定で割引などもあるので、日程や予約するタイミングによっては安いツアーもあるみたいなので、探してみると意外と見つかるかも!

 

フィレンツェの中からお探しください↓↓↓

゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 

 

■【自分で行く】 17ユーロ~

日帰りだと電車が良いみたいなので、電車代約17ユーロ

往復の交通費でこの値段でした。

 

比較してみたよ 

忘れちゃならない、メリットとデメリットを出して比較してみますぜ~。 

 

◆【ツアー】

メリット 

・案内してもらえるので現地へ行ってから不安がない

デメリット 

・料金が割高

・ツアーの出発地までは自力で行く必要がある

・出発や戻る時間は決められたタイムスケジュール

 

■【自分で行く】

メリット 

・料金が割安

・時間に縛られず好きなように行動できる

デメリット

・道と現地の言葉がわからないので不安

・行き方がわからない

・不安

 

私は自由に行動したい、むしろ、電車に乗りたい!ということで自力で行くことに決定!

今回の旅で不安はどうにかなることも分かってきたしね!

 

 

こうして比較すると、何が必要と考えるかで選ぶものが変わるんだろうな~。

どういう旅のスタイルなのかでやり方が変わって、面白い! 

 

ピサの斜塔 電車での行き方

f:id:KOBAKO:20171025221521j:plain

サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅からピサセントラル駅へ、約1時間~1時間30分ぐらいで着きます

電車の特急か各駅かで到着時間が変わるらしい。

 

今回は、以下の時間の特急をチョイス!

サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅(Firenza S.M.Novella)11:28発~ピサセントラル駅(Pisa Central)10:28着

 

チケットは、駅の券売機で購入!

まず、券売機の画面にタッチ!表記方法に英語を選んで、出発地と到着地に上記の駅名を入力すれば、時間が出てきます。乗りたい時間を選べばチケットは購入できます!

わたしは普段東京で電車に乗っているのであまり混乱なく買えましたYO。

 

金額は、片道8.4ユーロ。往復で16.8ユーロでした。

 

チケットをゲットして乗り場(ホーム)に向かいます。

 

駅の電光掲示板に乗り場(ホーム)の番号が出るので確認して、乗り場(ホーム)へGO!

 

乗る前に忘れちゃいけないことが!!

それは、チケットへの刻印~!

緑の機械で、チケットを入れると刻印してくれる機械がホームにあります。他の人も電車に乗る人はみんなやっているので注意して見ていれば気付くと思います。

※忘れると観光客でも罰金を取られるそうなのでご注意を。

 

さあ~、時間通りに電車が来て、無事に乗って出発です。

 

電車は日本と変わらず、快適です。

閑散期だけあって、そんなに混んでいないし、ゆったり小旅行気分♪

まーそもそも旅行でここまで来ているんですけどね(笑)

 

ピサセントラル駅へ到着

f:id:KOBAKO:20171025220043j:plain

無事駅に到着しましたので、ここからは徒歩向かいます。

徒歩15分ぐらいで着くということなので、のんびり歩いて向かうことにします。

 

iPhoneでGoogleMAPを見ながら、ブ~ラブラ!

商店街のような繁華街を歩いて過ぎると、少し静かな場所にでます。

 

すると、ピサの斜塔が遠くに見えました!

15分~20分ぐらい歩いたと思いますね~。

 

実は、斜塔がみえるまで、道があっているか、ちょっと不安だったよね~。

だって方向音痴だし、地図読めないオンナですからね。

 

斜塔が見えればこっちのモノ!向かっていくだけだ!

無事到着して安心、ほっとしたよね。

 

ピサの斜塔に到着!!

本当に斜め~~!!ピサの斜塔

f:id:KOBAKO:20170524223148j:plain

ね、曲がってるよね。

実物見るとびっくりするぐらい曲がってました!

 

斜塔の周りには、芝生が拡がっていて、ドゥオーモや美術館や洗礼堂などもあり、一つの大きな公園みたいな感じ。

 

チケットは、横にチケット売り場があり、そこで購入できます。

ただ、一日に登れる人数が決まっているので事前に予定が分かっている場合はWEBで予約しておいたほうがいいかも。

行ってから登れなかったらさみしいからね。

ちなみに、斜塔に登るチケット18ユーロ。

 

どの角度から見ても斜めなので、写真に撮りたくなるよね。

みんなカメラを構えてる。

よくある斜塔を支えてるトリック写真をみんなとっているんだよね。

 

こういうとき一人は辛い。

一人でトリック写真はできないからね~。

 

観光客に声をかけて、写真を撮ってもらったけど、海外の人って写真下手だよね…。

偏見かもしれないけど、外国人に頼むといつも残念だなって思う。日本でもおばちゃんとかだとダメだから頼む人によるのかもね。

 

ま、一人のさみしさを感じながらも、満喫したピサの斜塔でした。

 

では!

イタリア・フィレンツェ観光 有名なドゥオーモへ!天井のモザイク画の地獄が怖すぎた!

f:id:KOBAKO:20171024232635j:plain

こんばんば、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

バスで無事にフィレンツェに到着しました。

 

バスは意外と快適♪ おススメです!

 

今日は、早速フィレンツェ市内観光へ行ってきます!!

 

 

メインの駅 サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅へ

f:id:KOBAKO:20171024234427j:plain

フィレンツェの観光スポットの近くの駅、サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅から、まずは、ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)へ向かいます!!

 

あんまり調べてないけど、時間も限られているので見たいところから見ていきますYO!

 

少し歩いた感覚だと、全体的にいままで見てきた都市に比べて、デザインが可愛らしいな~。

 

田舎ののんびりした雰囲気もありながら、デザインは洗練されていて素敵だし、道は割と広くて歩きやすくて快適だな~!

 

日本の田舎とは違った雰囲気でこれはこれでとっても素敵!

 

ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)に到着

f:id:KOBAKO:20170522213307j:plain

駅からドゥオーモは、徒歩で15分くらい

iPhoneでグーグルマップを見ながら、方向音痴の私でも到着できました!!

 

 町中をブラブラ歩いていると、急に表れます!

 

ドゥオーモ!!

 

フィレンツェのシンボルだけあって、とっても洗練された雰囲気を感じます。

 

周りを一周ゆっくり回って、全体像を把握してから中に入ります!

そんなに大きくはないです。

 

チケットを売り場でチケットを買います!

 

手持ちのガイドブックには共通券10ユーロって書いてあるのに、15ユーロでした。

値上がりしたみたいです…。

意外とガイドブックと値段がちがうところ多い。結構短期間で値上げするんだろうね。ガイドブックって1年ごとに発売だろうから、そりゃ短期間で変わったら間に合わないね・・・。

 

さ、値上がりは気にせず、メインのドゥオーモの脇にあるサン・ジョバンニ洗礼堂から行きますよ

 

ここは、並ぶことなくすんなり入場!

 

中に入ると、少しひんやりしてる。歴史を感じる。

 

一番の見どころは天井モザイク画

f:id:KOBAKO:20171024233509j:plain

天井のモザイク画が見どころということで天井をじっくり見ます。

ずっと上を見すぎで首イタイ…けど頑張って見ます。

 

天井の絵の真ん中にはキリスト。

下の段には、地獄が書かれてるんです、って。

 

え、地獄??

普通にガイドブックに書かれているけど、地獄って・・・

なに?なに?

 

目を凝らしてみると、確かに地獄にいる人々たちが描かれているの。

表情や身体など言葉がわからなくても理解できるほど鬼気迫る画が描かれてる~

怖い、怖いよ~。

 

昔のこういう表現って本当残酷だよね。

表現が直接的なんだよねー

でもそれが普通だった時代があるんだよね。

それがいまだにこうして見られるって凄いことなんだろうね。

 

なんて、いろんなことに思いを馳せて感慨深くなってしまった~

 

さて、メインのクーボラへ

いよいよメインのクーボラ(円屋根=La Cupola di Brunelleschi)へ行きましょう!

映画の舞台にもなっているあのクーボラへ。

 

入り口へ向かいます。

 

ん!?

 

さっきはあんなにすぐ入れたのに、大行列!??まじ??

 

チケット買っちゃったし。

並ぶしかないし・・・。

 

ってことで、一人で2時間並びました。

 

一人で並んでた人いたのかな~。見た限りわたしだけのような気がしたけど。

 

並んでる時間は、周りの人間観察したり、次の予定考えたりしてたらそんなに長く感じなかったかな~笑

 

前に並んでた韓国人カップルが面白かった。彼女は2時間中1時間50分ぐらい、あっちへいったり、こっちへいったりふらふらと自由に歩き回る。彼氏は文句も言わずに一人で待つ。韓国のカップルってオンナが強いのね~なんて見ながらね。フフフ~

 

約2時間並んで、やっとこ入り口へ!!!!

 

ここからは階段で登ります。 

階段を上っていくと、下から見ていたモザイク画を間近に見ることができます。

 

f:id:KOBAKO:20171024233509j:plain

 

あの地獄の絵がここでも!

凄く間近で見ることができて、さらに怖かったですね、はい。

 

苦労して階段を登った後は、見晴らしの良い展望台へ。

 

360度ぐるりと一週できて、天気も良かったし、とっても気持ち良かった!

 

2時間並んだ甲斐があったかどうかはさておき、清々しかった!

 

上まで登る階段は、意外と疲れた。結構みんなハアハアしていて、みんな人間だ、って思えた(笑)

 

疲れたけど、楽しかった~

 

明日はどこへ行こうかな~!

 

では。

  

格安なヨーロッパ観光なら、【HostelsClub.com】