KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

パリ最終日!ヴェルサイユ宮殿へ行ってきました!!

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu )です。

 

パリもいろんなところへ行きましたが、本日が最終日です。

 

パリ市内から少し離れますが、最後は、「ヴェルサイユ宮殿」に行こうと思います。

 

こちらもツアーで行くか、自分で行くか、考えましたが、これまで自力で行ってきて、どうにかなることがわかってきたので、今回も自力で電車で行ってきます!!

 

歴史に疎い私は正直ヴェルサイユ宮殿のこと何も知らない・・・。

もちろん名前を聞いたことはあるけどね、詳細が一切わかんないよね~。

漫画の「ベルばら」的世界観の場所なんだろうな~、なんて薄っぺらいことしか思いつきません。

 

ヴェルサイユ宮殿とは

wikipediaで調べてみると、

1682年にフランス王ルイ14世1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランス宮殿(建設当初は離宮)である。ベルサイユ宮殿とも表記される。

パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。

 

現在2017年、ということは、300年以上前に建てられた宮殿ですね。

すごいな~。

 

旅行のために買った、「地球の歩き方」によると、

ヴェルサイユ宮殿をみないことは、フランスの心臓部を見忘れてきたようなもの。

この宮殿は、50年近くの歳月をかけて造らせたもの。

 

300年前に50年かけて造るって、今では考えられないですね~。

近所の家とかみると、遅くても数週間で建って住み始まるよ。

すごい、すごすぎる!!

 

フランスの心臓部をみるためにも、行こうじゃないか、ヴェルサイユ宮殿!!

いざ!!

 

 行き方

今回は、わたしは、高速郊外鉄道PERで行きます。

日本でいうJR的なやつですね、たぶん。

 

まずは、メトロでサン・ミッシェル・ノートルダム駅(Saint-Michel-Notre-Dame)まで行き、ここでPERのC5線に乗り換えます。

切符は、窓口で「ヴェルサイユ」って言ったら難なく買えました。きっと、観光客はみんな同じなんだろうな。私の前のヨーロッパ人も買ってたし。

 

ヴェルサイユ宮殿があるヴェルサイユ・シャトー・リヴ・ゴーシュ駅(Gare de Versailles Chateau Rive Gauche)は、終点なので方向さえ確認して乗れば問題なし。目的が同じ観光客のみなさんがいるから、わたしは問題なく、行けました。

 

電車に乗ると、中もヴェルサイユ仕様!!

f:id:KOBAKO:20170207220345j:plain

そう、家を出た時から遠足は始まってるんです。

移動からテンションをあげてくれるなんて、やってくれるぜ、ヴェルサイユ!!

 

約40分で到着。駅からは約600メートル。近いです。

 

ついに到着!!

まずは、入場券を購入しましょう。1日券や2日券などありますが、私は、1日券15ユーロを購入。日本語のオーディオガイドがついているらしい。逆にガイドなしチケットは存在しませんでした。

 

そこから、並んで入場です。

30分ぐらい並んだわ・・・。

 

中に入ると、調べた通り、まさに豪華絢爛。

イメージ通りの「ベルばら」の世界観です。

f:id:KOBAKO:20170207222515j:plain

 

これが300年以上前に造られたって、ルイ、すごすぎるだろ。

日本語のガイド付きなので、歴史も詳しく知れる。

ガイド、ナイス!!

 

ただ、全部聞いてたら、相当時間かかると思う。1日中かかるのも納得、どうりで2日券とかあるわけだ。

 

外には、豪華な庭園が。

めちゃくちゃ綺麗!!

f:id:KOBAKO:20170207222836j:plain

 

大噴水ショーなんかもあるらしい。

 

時間の都合上行けなかったけど、マリーアントワネットの離宮なんかもあるので、本当に1日中ここにいても飽きないと思う。好きな人は何日もいたいだろうな~。

 

それにしてもルイ14世はすごいし、それに応えた職人さんも素晴らしいし、見ごたえのある宮殿でした!!

 

これからイタリアへ移動します!!

 

では。