読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

フランス・パリからイタリア・ベネチアへ夜行列車で移動!初の寝台列車!!

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu )です。

 

フランスのパリは、十分満喫しましたぁ~!!

次なる場所は、イタリア・ベネチアです。

 

何で行くのが一番いいか、いろいろ調べたところ、寝台列車を見つけました。

そういや、寝台列車って乗ったことないな~。

いい機会なので、ここで乗っちゃいましょう!!

人生初の寝台列車!!ワクワクしますね。

 

予約方法

事前にWEBで予約しました。

ヨーロッパは電車もバスも早く予約すると安くなるみたいです。早割ってやつですね。

 

今回利用したのは、Thello(テロ)。

こちらのサイトで直接予約しました。※英語サイトです。

www.thello.com

 

Thelloは、パリとミラノ、ヴェネツィアフィレンツェといったイタリアの中心都市を結んでいる夜行列車。

 

座席は大きく分けて、

普通寝台とクシェット(簡易寝台)、そして食堂車が連結されています。

 

普通寝台は、シングル(1人部屋)、ダブル(2人部屋)、T3(3人部屋)。

それぞれの部屋に洗面台が完備。アメニティーグッズや電源、エアコンがあり、各部屋に鍵もついています。さらに、朝には各部屋に新聞の宅配サービスがあったり、朝食サービスがあったり、至れりつくせりですね。ただもちろん料金は高め。

 

クシェットは、T4(4人部屋)とT6(6人部屋)があります。

T4には、女性専用もあるため、女性はこちらで予約すると安心ですね。部屋には、電源、ミネラルウォーターがついており、鍵もついています。洗面台は、部屋ではなく車両の両脇にあります。普通寝台に比べると料金は安めです。

 

予約したのは、リヨン駅(Paris-Gare-De-Lyon)19:11発、ベネチア駅(Venezia S Lucia)翌日の9:35着予定の列車です。

 

今回は、私は、T4の女性専用を利用しました。

女一人旅なんでね、一応、気を使ってみました。

予約の際、寝台の場所も選べるので上段にするか、下段にするか、空いていれば選べます。どっちにするかは好みによると思うので好きなほうでいいと思う!

 

リヨン駅から乗車 いよいよ出発

ホテルからスーツケースを持って、地下鉄でリヨン駅を目指します。

パリ滞在中に地下鉄に乗っていたこともありさすがに慣れましたね。

すんなりリヨン駅に到着。

とっても大きい駅。もちろん売店も充実しているので、ふらふらしながら、夕飯買ったりして時間まで待ちます。

電光掲示板で乗り場を確認して、乗り場へGO!

入り口で係員にEチケットを見せて、確認してもらって、車内へ。

 

おー、すんなり乗れました。

一安心です!!

 

少し遅れましたが、無事20分遅れぐらいで無事出発。

あとは乗っているだけ~。

 

はい、お部屋を探しましょう。外に番号が貼ってあるので、わかりやすいですね。

中はこんな感じ。見えているのが下段です。

このはしごを使って、上段に上ります。ちなみにわたしは下段にしたよ~。

f:id:KOBAKO:20170208200640j:plain

 

お部屋には、シーツ、毛布が一人一枚づつあって、電源やミネラルウォーターも一人1本ありました。

シーツがあるから清潔感があって、毛布があるから寒くないし、電源があるからスマホも充電できるし、水もあるので快適でした。

 

すると、同部屋の女子大生二人も部屋に来ました~。

そうです、だって、4人部屋だから。

 

アメリカから旅行で来ているらしい。

結局もう一人は来ず、3人部屋でした~。やった!!

 

暗くなるまでは、3人で席に座って、旅行トークしながら過ごしました~。

こういうのって旅行の醍醐味だよね、楽しい!

 

あんまり細かいことは気にしない~アメリカ人2人だったで、

空いている席には3人分の荷物がごちゃごちゃに置いてある状態で好き勝手使って快適でしたね~。

 

ベッドの大きさも160センチもない私には十分足も延ばして寝れる大きさだし、移動しながら寝られるって素晴らしいとさえ、思ったぐらいです。

 

寝て、起きるともうまもなく到着~。

 

今日からは、イタリア・ベネチアです。

ちなみに、ベネチアってイタリア語で、英語ではベニス(Venice)となります。

初めて知ったよね。

なのでご注意くださいな~!!

 

では。