KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

イタリア・ミラノで名画堪能!ダ・ヴィンチの最高傑作「最後の晩餐」を当日滑り込みで見ることに成功!!

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu )です。

 

今日は、芸術の日とさせていただきましょう。

 

本当はね~、見る予定がなかったの。でも、せっかくここまで来たんだし見たいよね!ってことで、気持ちが変わり、勢いで行くことにしました。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた超有名な絵画「最後の晩餐」がある、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

 

絵はものすご~く有名なのに、教会の名前は初めて聞きました~って方、多いのではないでしょうか?

 

わたしも教会の名前は、初耳でした。

教会の名前も、もっと伝わってもいいのにね~、知られてないのはなんででしょうかね~?

なんて考えながら、行ってきました!!

f:id:KOBAKO:20170221205935j:plain

 

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とは

ミラノの領主であったスフォルツァ家により1466年~1482年に建設された教会。

 

スフォルツァさんは、少し離れたところにも当時居城していた「スフォルツァ城」も残っており、相当な権力者だっただろうな~。500年以上前にどんな生活していたのか、気になるな・・・。

 

すみません、さて、話を戻して、

この教会は、ミラノにおけるルネッサンス期最大の建築物で、ロンバルディアゴシック様式の美しい教会だそうです。

 

ルネッサンス期最大の建築物」って、もしかして、相当有名なんじゃないですか~、これ・・・。

わたしが知らないだけかもしれません。というか、そうなんでしょう。調子に乗ったこと言って失礼しました…。まだまだ勉強が足りませんね、はい、学びましょう。

 

ダ・ヴィンチの絵画だけが注目されますが、

実は、クーボラを乗せた後陣や内陣の天井絵も見ごたえがあるので、絵だけでなく、教会も楽しみましょう!!

 

さあ、行きましょう!

 

入場券購入

わたしは「せっかくここまで来たんだし、やっぱり見たい!行こう!」と思いたち、直接、教会へ足を運びました。「最後の晩餐」を見るチケット受付での、テンションの高い受付のおねーさんとのやり取りです。

 

私 「チャオ!」

受付のおねーさん 「チャ~オ~!!」

私 「今から見たいんだけど空いてます~?」

受付のおねーさん 「ユーアー、ラッキーガール!!オッケー!!オッケー!!」

私 「わ~い!!サンキュー!!」

 

ということで、テンションの高い受付のおねーさんに祝福されながら、奇跡的にチケットを手に入れました。もはやこのおねーさんのおかげではないかと思うぐらい、わたしのテンションも上がりましたよ。たまたま、受付に16時30分頃に到着したら16時45分~見られるチケットが一人分だけ空いていたようです。

 

やったー、来た甲斐ありました!

来てみるもんですね、行動してみるもんです!!

 

通常は、予約しないとみられないといわれる「最後の晩餐」。

1回に25人ずつしか入れないそうです。見学は、約15分。

事前予約は、WEBでできるそうなので、行く方は事前予約がおススメです。

混んでない時期などはまれに直接行っても入れることもあるらしいですが絶対見たい方はご予約ください。

 

さ~、いよいよ入場です

チケットをゲットして、いよいよ教会へ入りますよ~!

ますは、「最後の晩餐」がある教会付属の修道院の食堂から始まります。10分後ぐらいになってきたので、扉の入り口へ向かいます。

入り口に着くと、24人の(おそらく)アメリカ人のツアーの団体様がお待ちでした。それで、1名だけ空きがあったのか~、と納得しながら、ツアー客のみなさまと入り口で待機します。

 

待っている間は、ツアー客に交じって、ガイドさんの案内を聞きながら待ちます。こうなったら、束の間、わたしもツアー客となりましょう。

 

ガイドさんが盛り上げるんですよ、待っている間も!ディズニーランドのアトラクションの係員さんばりに感情豊かに話してくれるので、英語がよくわからなくてもなんかドキドキ、ワクワクしてきます(笑)

 

意外と24人+1名、悪くないかもしれないな~なんて思い始めてきました。

 

そうこうしていると、時間きっかりに!!

16時45分に扉がオープン!!

 

修道院の中にはいると大きな名画「最後の晩餐」が目の前に。こんなに大きいと思わず、びっくりしました。絵は見てわかるぐらい破損もしている箇所も見られて、歴史を感じました。

 

でも、なんといっても、一番すごかったのは、24名のツアー客の緊張感。

息を吞むって感じかな。

 

修道院に入り、みんなが静観に絵を見つめる姿は、ある種の緊迫感を感じて、自然と背筋が伸びました。歴史あるものを見ているんだな~、それが目の前にあるんだな~って。

 

少し時間が経つと、ガイドさんがちゃんと説明が始まりました。わかってるね、ガイドさん。みんなが見ているときは静かに見守る、さすが、プロですね。

時間が限られているからだと思いますが、ものすごい早口で説明してました。おかげでもともと英語のわからない私には、さっぱり聞き取れませんでした。

 

みんなが静かにガイドさんのお話を聞く中、わたしは一人でガイドブックをガッツリ開いて、見てました(笑)みんなガイドさんに夢中なので、ゆっくり見ることができ、有意義な時間が過ごせましたよ。

 

15分経つと、時間きっかりに修道院を出されます。時間に緩いというイメージのある外国でもここはしっかりしてますね。

 

きちんと守り、伝えるために意識が高いルールは、素敵だなと思いました。

 

そのあとは

出るとすぐにお土産屋さんがあり、絵画のグッズがたくさんあります。

そして、お金のかからないトイレもありますのでここで済ませるのがおすすめ。

 

そして、クーボラやお庭などをゆっくり見て、堪能しました!

 

まとめ

来たからには、やっぱり見たほうがいいと思いました。

なんか身体で歴史を感じることができて、よかったです。

百聞一見にしかず、を体感したそんな一日でした。

世界遺産ってやっぱりすごい!!

 

 

では。

格安なヨーロッパ観光なら、【HostelsClub.com】