KOBAKOの旅

KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

フィレンツェから日帰りで行く!世界一有名な傾き!?ピサの斜塔

こんばんば、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

今日は、とっても天気が良くて気持ちイイんです!

 

わたしは天気が良いとどこかに出かけたくなるんですが、みなさんはいかがですか?

 

ということで、今日はフィレンツェから日帰りで行ける、ピサの斜塔へ行ってきます!!

 

目指せ!ピサの斜塔

せっかくフィレンツェまで来たんだから、あの有名な「ピサの斜塔」にも行きたい!と思い、早速調べてみました。

 

行く方法は、大きく2つ。

・ツアー 

・自分で行く 

 

まずは、値段で比較してみましょう。

 

◆【ツアー】 35ユーロ~

私が調べた限りでは、35ユーロぐらいから。

上記の値段は、往復の交通費(バス)だけのフリープランです。

他に入場料を含んだものだと45ユーロ~やほかの場所の観光も含んだものなど様々あるようです。

※日付限定で割引などもあるので、日程や予約するタイミングによっては安いツアーもあるみたいなので、探してみると意外と見つかるかも!

 

 

■【自分で行く】 17ユーロ~

日帰りだと電車が良いみたいなので、電車代約17ユーロ

 

忘れちゃならない、メリットとデメリットを出して比較してみますぜ~。

 

◆【ツアー】

メリット 

・案内してもらえるので現地へ行ってから不安がない

デメリット 

・料金が割高

・出発地までは自力で行く必要がある

・出発や戻る時間は決められたタイムスケジュール

 

■【自分で行く】

メリット 

・料金が割安

・時間に縛られず好きなように行動できる

デメリット

・道と現地の言葉がわからないので不安

 

私は自由に行動したい、むしろ、電車に乗りたい!ということで自力で行くことに決定!今回の旅で不安はどうにかなることも分かってきたしね!

 

こうして比較すると、何が必要と考えるかで選ぶものが変わるんだろうな~。

どういう旅のスタイルなのかで見方が変わるし、それも面白いね!

 

電車でのピサの斜塔の行き方

サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅からピサセントラル駅へ、約1時間~1時間30分ぐらいで着きます。電車の特急か各駅かで到着時間が変わるらしい。

今回は、以下の時間をチョイス!

サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅(Firenza S.M.Novella)11:28発~ピサセントラル駅(Pisa Central)10:28着

 

駅の券売機で、表記を英語にして、上記の駅名を入れればチケットは購入できます!わたしは普段東京で電車に乗っているのであまり混乱なく買えましたYO。

金額は、片道8,4ユーロでした。

 

チケットをゲットして、ホームに向かいます。

 

駅の電光掲示板にホーム番号が出るので確認して、ホームへGO!

 

乗る前に、チケットに刻印が必要なので忘れずに~!

緑の機械で、チケットを入れると刻印してくれる機械がホームにあるのでわかるはず。他の人もみんなやっているので注意して見ているとみんなやっているから気づくと思います。

※忘れると観光客でも罰金を取られるそうなのでご注意を。

 

さあ~、電車無事乗れたので出発です。

 

電車は日本と変わらず、快適です。

閑散期だけあって、そんなに混んでいないし、ゆったり小旅行気分♪

まー旅行でここまで来ているんですけどね(笑)

 

ピサセントラル駅へ到着

無事駅に到着しましたので、ここからは徒歩向かいます。

徒歩15分ぐらいで着くということなので、のんびり歩いて向かうことにします。

 

iPhoneでGoogleMAPを見ながら、ブ~ラブラ!

商店街のような繁華街を歩いて過ぎると、少し静かな場所にでます。

 

すると、ピサの斜塔が遠くに見えました!

15分~20分ぐらい歩いたと思いますね~。

実は、斜塔がみえるまで、道があっているか、ちょっと不安だったよね~。

だって方向音痴だし、地図読めないオンナですからね。

 

斜塔が見えればこっちのモノ!向かっていくだけだ!

無事到着して安心、ほっとしたよね。

 

本当に斜め~~!!ピサの斜塔

f:id:KOBAKO:20170524223148j:plain

ね、曲がってるよね。

実物見るとびっくりするぐらい曲がってました!

 

斜塔の周りには、芝生が拡がっていて、ドゥオーモや美術館や洗礼堂などもあり、一つの大きな公園みたいな感じ。

 

チケットは、横にチケット売り場があるので、そこで購入できます。

ただ、一日に登れる人数が決まっているので事前に予定が分かっている場合はWEBで予約しておいたほうがいいかも。

行ってから登れなかったらさみしいからね。

ちなみに、斜塔に登るチケット18ユーロでした。

 

どの角度から見ても斜めっているので、写真に撮りたくなるよね。

みんなカメラを構えてる。

よくある斜塔を支えてるトリック写真をみんなとっているんだよね。

 

こういうとき一人は辛い。

一人でトリック写真はできないからね~。

 

中国人に声をかけて、写真を撮ってもらったけど、下手だよね…。

偏見かもしれないけど、外国人に頼むと写真が上手ではない気がする。日本でもおばちゃんとかだとダメだから頼む人によるのかもね。

 

ま、そんなさみしさを感じながらも、満喫したピサの斜塔でした。

 

では!

 

 

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA