KOBAKOの旅

KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

あっちもこっちも観光地!見どころたくさん、ローマ市内観光!

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

フィレンツェからローマへ移動してきました。

 

移動は、今回もバス!!

 

FLIXBUSの

フィレンツェ(Florence)11:50発、ローマ(Rome Tiburtina bus station)15:15着でローマに到着!

 

ローマはあちらこちらに観光地が目白押しなんだって。

 

早速、ローマ市内観光へ行ってきます!  

 

スペイン広場

f:id:KOBAKO:20171028234144j:plain

映画「ローマの休日」でおなじみのスペイン広場。

 

映画では、階段に座ってオードリーがジェラートを食べるシーンが有名だけど、実際はジェラートを食べるのはNGなんだって。

 

まわりのお店で食べるのはOKなので、食べたい場合はお店の中で!

 

朝一で行ったのでこれぐらいの人でしたが、昼過ぎにもう一度通りかかったらスゴイ人。超有名観光地は凄まじいな~っと実感。

 

なので、早めの時間に行くのがオススメです!

 

トレヴィの泉

f:id:KOBAKO:20171028235248j:plain

スペイン広場から徒歩で15分。

 

街の中に急に現れるのでびっくりした!

 

トレヴィの泉といえば、後ろ向きで泉に向けてコインを投げ入れるとローマへもう一度来られるという言い伝え。

 

実際行ってみたら誰もやってなかったんだけど、世界的な言い伝えじゃないのかな。泉の中を見たら、コインがたくさん投げ入れられていたからたまたまタイミングが悪かっただけ??

 

パンテオン

f:id:KOBAKO:20171028235805j:plain

トレヴィの泉から徒歩10分。

 

大きい!!!!

 

パンテオンは、「すべての神々」という意味らしい。

 

入場料はなく、無料で入れる。確かに神。

 

画家のラファエロが祭られている。

 

一度仕事でラファエロについて調べたことがあるので、ここに来られてうれしかったな。

 

フォロ・ロマーノ

f:id:KOBAKO:20171029000839j:plain

パンテオンから徒歩20分。

 

古代ローマ時代の市民生活の遺跡が残る場所。

 

めっちゃ広いので、全部見ようとすると歩くだけで2時間ぐらいかかる。

 

映画のセットを見ているみたいな気持ちになった。

 

ちゃんと残っているなんてすごすぎるな。

 

奥まで行くと、街が見渡せる小高い丘もあって、気持ち良かった!

 

コロッセオ

f:id:KOBAKO:20171029001207j:plain

フォロ・ロマーノから徒歩10分。

 

有名なコロッセオ!!古代ローマの巨大な円形各闘技場。

 

入場時の注意事項を!

 

入り口で持ち物検査があり、飲み物はすべて持ち込み禁止です。

 

わたし、さっき、水を買ったばかり。没収されるなんて知らないから、堂々とバックの中身を見せたら、飲み物はダメだと言われ、捨てる羽目に。

 

事前に知りたかった。知っていたらこのタイミングで水買わなかったのに…。

 

みなさま、ご注意ください。

 

中は、映画でみたような景色が続く。

ここで猛獣と人間が戦っていたのかと思うと、信じられなかった。時代は変わっている。

 

真実の口

f:id:KOBAKO:20171029002118j:plain

コロッセオから徒歩10分。

 

町中に急に行列を発見し、なんだろうと思ったら、真実の口でした。

 

ここも映画で、嘘をつくと手が抜けなくなるという言い伝えから誰もが知る観光スポット。

 

ここでの一人観光は勇気がいりました。

 

行列にならぶのはいいんだけど、撮影のとき、みんな一緒に来ている方々が写真を撮影しているけど、わたしは一人なので頼むしかない。

幸い周りの人がイイ方ばかりだったので、快く写真を撮ってくれましたが、一人でポーズするのは気恥ずかしかった。

一人旅の中でもレベルの高い観光スポットでした。

 

まとめ

ここまでまわって、1日で観光できました。

 

徒歩圏内に有名な観光地がこれだけあるってすごくない?

 

どこに行っても観光地だらけ。

 

そして、やはり、人も多い!

 

まさに、ザ・観光地という感じでした。

 

徒歩でまわると位置が掴めてきて、なんかそれが楽しかったんだよね。

 

時間短縮したい場合は、タクシーやバス、電車もあるので、スタイルに合わせて選択すればもっと回れると思います。

 

明日はどこへ行こうかな!

 

では。