KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

とっても素敵な水の都・ベネチア!一度は行ってみてください!!

こんにちは、KOBAKO(@kobako_desu )です。

 

夜行列車で無事ベネチアに到着しました!

 

駅に着くと、目の前はすぐ水の都・ベネチアです。

 

水の中に街がある!!!!!

 

今までドラマや映画でしか見たことのない世界が目の前にありました。

 

さあ、街歩きへ行ってきます~!!

 

 

駅からサン・マルコ広場へ ヴァレッポに乗る

 

ベネチアは、車が通行禁止なんだって。車が走っていないだけで、静かだし、非現実感が10倍増しに感じます。

 

車がないため、移動は、徒歩か、ヴァレッポという水上バス、モーターボートのタクシーやゴンドラなど。

いちばんお手頃なヴァレッポなるものに乗ってみたい!!

 

ということで、まずは、チケットを買います。

1回券や時間で乗り放題の12時間券、24時間券、48時間券、72時間券、7日券などがあるようですが、とりあえず、1回券を購入。7、5ユーロ。

日本の電車のようにいくつか線があるので、サン・マルコ広場へ行く線を確認して、2番線に乗り出発です。

外には、電光掲示板があって、ちゃんと次が何方面のヴァレッポが来るかも確認できるし、本当に電車みたい。

 

乗ってみると、日本にもある小型観光船のような感じ。

乗り物に酔いやすい私でも、酔わずに行けたので割と船はダメという人でも平気だと思います。

 

左右の端は、デッキになっていて、風を感じながら移動できるので、気持ちいいし、景色を見ながら移動できるので楽しいです。風は気持ちいし、景色見てると綺麗で暇にならないので、永遠に乗ってられる気がしてくるわ~。

 

約50分ぐらい乗ったら、サン・マルコ広場前に到着しました~。

ヴァレッポ、楽しい。好きになりました!!

 

さー、街歩きスタートや!!

 

サン・マルコ広場

ナポレオンが「ヨーロッパで最も美しい」と称した広場って、どんだけやねんって気になってたんですよ。それで来たかった。

f:id:KOBAKO:20170212173052j:plain

 

実際、綺麗でした、うん。

でもヨーロッパで「最も」かどうかは、まだわからない。けど、素敵だった。

 

広場は歴史ある建物に囲まれ、カフェやお土産屋さんなどがたくさん。

そして人もたくさん。

 

ここでは、オーケストラが急に始まったり、欧米人が急にキスし始めたり、踊りだしたり、、、日本ではない光景に、非現実をこれでもか!というほど見せつけられまして。わたしにとっては、イタリア最初に地で、イタリア感をすっごく感じた場所となりました。

 

ここからは地図を見ながら、歩きますよ~。

 

大運河にかかる最も有名な橋。リアルト橋。

f:id:KOBAKO:20170212173330j:plain

 

橋の両側にお土産屋さんや飲食店がたくさんあるため、人がごったがしてました。歩くのも大変なぐらいでした。さすが有名観光地!

 

そして、日没の瞬間にこの橋の下でキスをすると結ばれるという「溜め息の橋」。

f:id:KOBAKO:20170212173811j:plain

ここの写真を執るために、ものすごい数の人がいて、なんなんだろうなって思ってたんですよ。やじうま根性で見に行ったら、上の写真の通り、橋しかないので、「?」のままホテルに帰り、調べたら、そんな素敵なお話のある橋でした。

 

一人で来ている私には、関係のない話ですよ、はい。

 

 

ヴェネチアは、すっごく街を歩いていて楽しい場所ですね。

迷路のように入り組んでいて、少し脇にそれると感じが変わって見える場所に出会えたり、地元の人が生活している場所に遭遇したり、自分で探して、自分で見つけて、偶然の出会いを見つけられる楽しい街。

歩くのが好きな私にとってはたのしかったな~。

 

気候もパリに比べると暖かく、過ごしやすいし、気分も開放的になるし、街全体がリゾート感というか観光地感があって平和な感じがしましたね。

 

新婚旅行とかにおすすめっていうのが納得できるそんな場所でした。

年齢関係なく楽しめると思うので一度はみんなに行ってほしい~そんな場所でした!!

 

まじで買おうがどうか悩んだ仮面。

旅行行くといらないもの欲しくなるよね、なんでだろうね(笑)。

f:id:KOBAKO:20170212174846j:plain

では、