KOBAKOの旅

KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

イタリア・フィレンツェ観光へ ダビデ像に会いに行こう!

こんばんば、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

無事にバスでフィレンツェに到着しました。

 

バスは意外と快適♪ おススメですよ!

 

では、早速観光へおでかけしてきます!!

 

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅へ

フィレンツェの観光スポットの近くの駅、サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅から、まずは、ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)へ向かいます!!

 

あんまり調べてないけど、時間も限られているので見たいところから見ていきますYO!

 

全体的にいままで見てきた都市に比べて、デザインが可愛らしいな~。

田舎ののんびりした雰囲気もあるけど、デザインは洗練されていて素敵だし、道は割と広くて歩きやすくて快適だな~!

 

駅からドゥオーモは、徒歩で15分くらい。

iPhoneでグーグルマップを見ながら、方向音痴の私でも到着できました!!

 

ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)に到着

f:id:KOBAKO:20170522213307j:plain

 

町中をブラブラ歩いていると、急に表れます!

 

ドゥオーモ!!

 

フィレンツェのシンボルだけあって、とっても洗練された雰囲気を感じます。

周りを一周ゆっくり回って、全体像を把握して、中に入りますよ!

 

チケットを売り場でチケットを買います!

手持ちのガイドブックには共通券10ユーロって書いてあるのに、15ユーロでした。

値上がりしたみたいね…。

 

さ、値上がりは気にせず、メインのドゥオーモ脇にあるサン・ジョバンニ洗礼堂へ。

並ぶことなくすんなり入場!

中は少しひんやり。

歴史を感じる。

 

天井のモザイク画が見どころということで天井をじっくり見ます。

首イタイ…けど頑張って見ます。

 

天井の絵の真ん中にはキリスト。

下の段には、地獄が書かれてるんです、って。

 

え、地獄??

普通にガイドブックに書かれているけど、地獄って・・・

なに?なに?

 

目を凝らしてみると、確かに地獄にいる人々たちが描かれているの。

表情や身体など言葉がわからなくても理解できるほど鬼気迫る画が描かれてる~

怖い、怖いよ~。

 

昔のこういうのって本当残酷に感じる。

表現が直接的なんだよねー

でもそれが普通だった時代があるんだよね。

それがいまだにこうして見られるって凄いことなんだろうね。

 

なんていろんなことに思いを馳せて感慨深くなってしまった~

 

さて、メインのクーボラへ

いよいよメインのクーボラへ行きましょう!

映画の舞台にもなっているあのクーボラへ。

 

入り口へ向かいます。

ん!?

さっきはあんなにすぐ入れたのに、大行列!??

まじ??

 

チケット買っちゃったし。

並ぶしかないし・・・。

 

ってことで、一人で2時間並びました。

一人で並んでた人いたのかな~

でも意外と周りの人間観したり、次の予定考えたりしてたらそんなに長く感じなかったかな~笑

前に並んでた韓国人カップルは、彼女は2時間中1時間50分ぐらい、あっちへいったり、こっちへいったりふらふらと自由に歩き回る。彼氏は文句も言わずに一人で待つ。韓国のカップルってオンナが強いのね~なんて見ながらね。フフフ~

 

約2時間並んで、やっとこ入り口へ!!!!

 

階段を上っていくと、クーボラの絵が間近に見ることができます。

あの地獄の絵がここでも!

凄く間近で見ることができて、さらに怖かったですね、はい。

 

苦労して上がった後は、見晴らしの良い場所へ。

360度ぐるりと一週できて、天気も良かったし、とっても気持ち良かった!

2時間並んだ甲斐があったかどうかはさておき、すがすがしかったです!

 

疲れたけど、楽しかった~

 

では。

 

 

格安なヨーロッパ観光なら、【HostelsClub.com】