KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

ロンドンからパリへ、バスで移動!!ドーバー海峡を越えていけ~

こんにちは、KOBAKO(@kobako_desu )です。

 

ロンドンに無事到着し、お上りさん気分でロンドン観光も堪能!

 

次は、いざ、パリへ出発です。

 

ロンドンからパリへ行く手段は、

飛行機、電車、バス、車、などなどがありますが、節約旅行なので、安いバスで行きますよ~!

 

バスで行きたかったのには、ほかにも理由があるんです。

学生の時に習った、あのドーバー海峡をバスで渡りたい、って思ったから!

飛行機だと上空からは見えますが、通っている感覚は体験できないじゃないですか~。今回はそれを体験したいな~と思い、長時間ですが、バスで移動に決めました。

 

バスは、ガトウィック空港から市内までのバスでも利用した、

www.nationalexpress.com

を利用しました。(※英語のサイトです。)

 

いつ予約するかでだいぶ料金が変わってくるようで、早く予約すると安いようです。私は、結構間際に予約しましたが、空いている時期だったこともあり、19ポンドでした。

 

時間は、ロンドン発8:00、パリ着17:00です。

長いー、長ーいバス旅です。一日仕事です。

 

時間で考えれば、飛行機>電車>車>バス、ですから、お金のある方は、飛行機が楽だと思います。

 

バス乗車へ

 

バスに乗るのは、ビクトリアコーチステーションをいうバス乗り場から。ここは相当大きいバス乗り場で、日本でいうとバスタ的な感じ、のイメージかな~。

乗り場の中は、スタバも入っているし、ドーナツなどの軽食や、コンビニみたいなお店がいくつもあって、食べるのには困りません。

 

まずは、チェックインです。

バスでもチェックインがいるらしく、1時間前の朝7時にはいかなければなりません。パスポートチェックもあるらしく、なんか飛行機みたいなシステムですね。国を跨ぐから当たり前といえば、当たり前か~。

 

6時半過ぎに、ビクトリアコーチステーションのバス乗り場に到着。

入り口にモニターがあり、乗り場が番号で記されています。

乗り場の番号をチェックして、バス乗り場へ。

数人の方がベンチに座って待ってらっしゃる、、、。

 

とりあえず、チェックインの係員が来るのを待ちましょう。

だって、あと30分あるからね、外人って時間にアバウトって聞いてるし。

朝食を買いに、お店をブラブラ~。

 

ドーナツとサンドイッチとコーヒーを買って、ベンチでもぐもぐ。

 

んー、7時過ぎましたが、係員らしき人は誰もきません。

横に座っていた南米系のお姉さんにも「チェックインした?まだだよね?」的なことを聞かれ、「まだです」という会話もしたので、間違っていないはず。

 

外国人は時間にアバウトって聞いてるから、せかせかせずにのんびり待ちます。

スーツケース持ってるけど、ブラブラ散歩しながら、売店をウロウロ。

 

すると、カスタマーカウンターを発見。

英語わかんないけど、聞こう、聞こう。

バスに乗れなかったらシャレにならないからね~

チケットを見せて、「チェックインってどうすればいいんの?」と聞いたところ、場所を指さして教えてくれました。

 

チェックインって乗り場じゃないんですよ。

少し離れたところにチェックインカウンターがありました。

気づかねーよ、あぶねーよ。

 

どうやら朝早かったため、カウンターも開いておらず、ついさっき係員がきたばっかりのご様子。

しれっとした顔で並んで、無事チェックイン終了。

 

あー、もう出発まで30分しかないし。

まじ焦ったわ・・・。

 

あ、あの横に座ってたおねーさんにも教えてあげなきゃ!

おねーさんを探したところ、チェックインに向かってる!!

チェックインを済ませ、おねーさんを探しに行った私を見て、抜け駆けしやがったな、みたいな目で見られている気がしたよ。

違うんだ、おねーさん…。でも英語で説明なんてできないし、仕方ない。

 

ま、二人ともチェックインできたってことで良しとしようじゃないか。

 

ということで無事、バス乗車!!

 

途中、国境を超えるので、みんなでバスを降りて、パスポートチェックがあったり、トイレ休憩があったり、日本のバスと変わらない感じでした。

 

そして、いよいよドーバー海峡へ。

 

どうやって渡るのかな~と思ったら、

バスがそのままメトロの線路みたいな細い通路に入って行って、行き止まりでエンジン停止。ドライバーさんは、足を投げ出して陽気に鼻歌歌いだして休憩モード。

f:id:KOBAKO:20170130163859j:plain

 

どうやらバスを乗せたものが海の中を移動して、フランス本土に入るというような仕組みらしい。

 

フランスについたら、ドライバーさんの出番。

同じようにメトロの線路みたいな細い通路を抜けて、道路へ出た。

 

んー、海中の乗り物の中に入れられた感じでした。

世の中には知らない移動方法があるもんだね。

 

そこから町中を走り、無事パリ到着。

 

あー、長かった、疲れましたけど、おもしろかったな。

移動も含めて楽しいね。

 

では。