読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOBAKOの旅

丸の内で働くOL・KOBAKOが、旅行した記録です。誰かのお役に立てれば!

モンサンミッシェル島の憧れのホテル「ラ・メール・プラール」に宿泊!!魅力をご紹介

こんばんは、KOBAKO(@kobako_desu)です。

 

無事パリからモンサンミッシェルへ無事到着し、島も散策し、たっぷり観光してきました。

 

今日は、宿泊したホテルをご紹介~。

 

モンサンミッシェルに来たら、泊まりたかったホテルに泊まりました。

その名も、「ラ・メール・プラール(la-mere-poulard)ホテル」!!

 

予約は、事前にエクスペディアで済ませました~。

www.expedia.co.jp

 

では、泊まって分かった魅力をご紹介しちゃいます!!

 

立地

ホテルのある場所ですが、モンサンミッシェル島の中にあります。島に入って、右に曲がって徒歩3分ぐらい(もっと短いかも?)歩くとすぐに見覚えのある赤い看板があるのですぐわかります!!赤って目立つしね~。

f:id:KOBAKO:20170203220600j:plain

 

島の中だと、夜も気兼ねなく周辺を散歩できるし、便利ですね。一番の観光場所である修道院へもすぐですし、ホテルの外には売店がたくさんあるので、お土産も食べ物も豊富に売ってましたし~。

 

モンサンミッシェルに宿泊する際、島の中と外ってどっちがいいいかな~?って悩むと思うんですが、私は、島の中で正解でした。

 

理由は、一人旅だったこともあり夜に歩くのは不安でしたが、島の中なら気軽に外出できます。島の中だと少し散歩して、疲れたら部屋に戻ってお茶して、休んだらまた散歩へ行く~みたいな楽さがありました。ただ、宿泊料金に関しては、島の中のほうがもちろん割高になるので、何をとるかだとは思いますけどね。島の外でも、無料の送迎バスの走っている範囲なら全然問題ないと思いましたね。外観を見た限りは、どこのホテルもきれいそうだったしね~。

 

内装

イメージカラー(?)の赤を基調として、歴史を感じられる、と~っても素敵な内装でした。建物は古い感じはするけれど、それが魅力に感じる素敵な建物です。ザ・中世ヨーロッパ~な感じですね、はい!

 

1階にある受付から階段を上がると、今までここに通ったであろう方々が額に入って飾られていて、入るなりすぐに品のあるオシャレさにやられちゃいました。女の人は好きだと思うな~。歴史を大切にしながら、今風に対応しているって素晴らしいね。

f:id:KOBAKO:20170203220702j:plain

 

ただ、ここはエレベータはありません。泊まる部屋によっては、スーツケースを持ち上げなければならないので、事前に低層階のお願いをしておくか、スタッフさんに運んでもらうかしないとキツイですね。

ちなみにわたしはスーツケースがなかったので無問題でしたけど!

 

お部屋

わたしは、4階のお部屋でした。鍵にも歴史を感じる。いかにも古い感じの鍵でした~。ここでも歴史を感じるわ。

部屋に入ってみても、素敵!!

f:id:KOBAKO:20170203220731j:plain

しかも、ツイン!一人だったけど、ツインのお部屋にしてくれたらしい。この旅、初めてバスタブがついています。感動!!!めっちゃうれしい!!

 

お部屋は、赤いカーペット。シングルベッド2つに、アメニティもバスローブやタオル、ポットまで基本的なものはなんでもついていました。部屋の窓からは、中世ヨーロッパを見ているような景色。たまりませんな~!!

 

なんと、机の上にウエルカムお菓子が!ステラおばさんならぬ、プラールおばさんのビスケット!!そして、紅茶とポットも。もちろんさっそく頂きましたよね。

 

種類は違うけど、プラールおばさんのお菓子はネットでも買えるらしい。

item.rakuten.co.jp

 

バスアメニティは、フランスの老舗ブランドのエステバン

私はここで初めて知ったブランドでしたが、世界的には有名なブランドらしい。匂いがヨーロッパって感じで使い心地よかったです!

www.esteban.co.jp

 

お食事

ここのホテルの一番の目的はというと、ふわふわオムレツなんですよ!!

ホテルのサイトにも看板メニューと書いてあるほど。

1888年、モン・サン=ミッシェルに宿屋を開き、およそ700ものレシピを完成させた。その中でも有名な看板メニューは、「ふわふわオムレツ」。
まるでメレンゲを食しているかのような、忘れられない味わい。全卵だけを銅のボールに入れて、
大きな泡立て器でリズミカルに何度も念入りに泡立てる。
店の前を通るとその音が聞こえほど。
たっぷり泡立てたら、銅のフライパンで焼いて出来上がり。

 

レストランもチラ見して、場所も確認して準備万端です。道に飾ってあったメニューもしっかり読んだし(日本語メニューがありました)、妄想も完了したし!

あとは、お腹を空かせて、レストランへ行くだけです!!

 

でも、

でもね・・・。

散歩してたら、もう・・・

閉まってました。

 

はい、食べられませんでした・・・。

 

ちょっと寄り道しすぎたよね、楽しすぎて一人ではしゃぎすぎたよね。

部屋で一人でパン食べたよね。

 

まー。過ぎてしまったことは仕方がありません。だって自分が悪いから~

 

調べたら、東京の丸の内にお店があるようなので、帰国したら食べに行きたいと思います~。

www.la-mere-poulard.jp

 

泊まってみて感じた結論

部屋も景色も立地もすべてよく、大満足でした!

たぶんごはんもおいしいでしょう、食べてないので言い切れませんが(汗)。

ぜひモンサンミッシェルへ行かれた際はお泊りくださいませ!!

 

では。